拒食症などの心の病気を直す【心療内科で真心ケア】

日本の国民病

うつの原因と症状について

データによるとうつ病の発生率は10%ともいわれています。更にうつ病になる原因はあまりにも広範囲で患者によって個別的なチェックと診断が必要とされます。うつな状態というのは日常生活で非常によく起こるものです。ほかの精神疾患や遺伝、薬やお酒の影響など様々なものがあります。インターフェロン治療薬などによって3割のひとにうつの症状がでてしまうとも言われています。双極性障害や強いストレスに対する適応障害によって抗うつになることもありますし、季節の変わり目で気分が落ち込むこともあります。このようにうつ病とは様々な要因で起きていますが、大まかなものなのです。

うつ病の原因は解明されていない

うつ病のチェックは診断基準によると、気分が塞ぐ、感動や喜びが喪失して楽しめない。身体的症状では食欲睡眠不足、疲れやすいなど。さらに精神症状では思考力や集中力の低下など満たすものがうつ病と診断されます。世界保健機構がつくった基準値を自分でチェックしてあてはまれば診断できるのです。うつ病は自分で判断することが難しく周りで見ていてもわかりにくい病気です。抑うつは個人の精神力ではどうすることもできません。時間はかかりますが完治する病気なので自分でチェックしてうつ状態を客観的に測定して、現在の心の状態を知っておきましょう。早期発見が早い回復につながります。いずれにしろ早期に医師の診察を受けることが重要です。